かつて「第三世界」という超大型着うたサイトがありました。
ユーザーからの人気も高く、評判のサイトだったのですが、ある事件をキッカケに閉鎖の憂き目となってしまったのです。

 

その事件とは、「第三世界」が組織ぐるみで著作権侵害を行なっていたことです。
着うたを商用利用で配信していたにも関わらず、著作権者に対する利用許可が出されておらず、不法配信が繰り返されていました。

 

また、会社上層部はこの事実を知りながら不法配信を続けており、極めて悪質として逮捕者も出してしまったのです。
「第三世界」の事件によって被害にあったのは、著作権者だけではなく、利用していたユーザーにも及びました。

 

これまで長く「第三世界」を利用していたユーザーからの信頼を裏切り、著作権侵害を続けていたのですから、その罪の重さは比較するものが無いほどと言って良いでしょう。
この事件は着うた業界全体に波紋を呼び起こし、著作権を見つめ直す契機になりました。

 

多くの着うたサイトが姿勢を正したのですが、前述した無料着うたサイトでは以前から著作権をしっかりと守っていた為、これまでと変わらぬ運営が行なわれています。
著作権を守るという当たり前のことが出来なかった「第三世界」と、著作権を順守しているオススメした無料着うたサイトを比べると分かるように、ユーザーの信頼を得ていることがサイト選びの大事な要素であり、会員登録の決め手となっているのです。